# FAQ

# GridDB 全般について

# GridDBとは何ですか?

GridDBはBig DataとIoT(Internet of Things)に時系列データベースです。 GridDBは、一貫性と耐久性を維持しながら、多数のセンサにわたって時間に敏感なIoTデータを処理するように設計されています。

# 他のNoSQLデータベースと比較して、GridDBの主なメリットは何ですか?

GridDBには、キー・コンテナ データモデルのおかげでIoT(Internet of Things)データを扱う独自の機能があります。時系列コンテナのセンサーからの時間ベースのデータの操作機能は、GridDBがIoTデータを処理するための最も適切なNoSQLデータベースであることを保証します。 GridDBは超高速でもあります。

# どのようにしてGridDBの高速化を実現したのですか?

GridDBは、「メモリファースト、ストレージファースト」構造を利用します。 「ホット」データはメモリー内に保持され、最も頻繁に使用されるデータの書き込み/読み取りが大幅に高速化されます。

# GridDBはSQLをサポートしていますか?

はい、GridDBはSQL-92とTQL、SQLに似たクエリ言語をサポートしています。

# GridDBはトランザクションをサポートしていますか?

はい、コンテナ単位でサポートされています。つまり、GridDBコンテナはACIDに準拠しています。

# ACIDとは何ですか?

GridDBがACIDに準拠しているということは、データベーストランザクションが略語の各規則に従うことを意味します。

  • 原子性:すべてのトランザクションは完全に処理されるか、全く処理されないかのどちらかです。
  • 一貫性:すべてのデータ変更は、管理者が設定したルールに従わなければなりません。
  • 独立性:トランザクションは連続してコミットされます。(順番に1つずつ)
  • 永続性:トランザクションが確実にコミットされるようにして、データが常に安全であることを保証します。

# データモデル

# コンテナとは何ですか?

コンテナは列と行で構成されたリレーショナルDBテーブルと考えることができます。 GridDBには、コレクション(Collection) と時系列(Time-Series) の2種類のコンテナがあります。コレクションコンテナは従来のデータ(文字列、ブール値、配列など)を処理しますが、時系列コンテナはタイムスタンプデータを処理するために用意されています。これらのコンテナはテーブルのように機能するため、各コンテナには独自のスキーマがあります。

# 行(ロウ)とは何ですか?

RDBデータ・モデルと同様に、行(ロウ)は、コンテナによって所定の場所に設定されたスキーマに従うフラットなデータ単位です。行(ロウ)はキーを持つことができますが、必須ではありません。

# ネットワーク

# GridDBはパブリッククラウド環境で動作しますか?

はい。

# メモリとストレージ

# GridDBクラスタに異なるノードを混在させることはできますか?

GridDB OSS v4.5は、単一ノードの構成のみをサポートします。

# その他

# GridDBのライセンス

サーバーソースライセンスはGNU Affero General Public License(AGPL)ですが、Javaクライアントライブラリライセンスと操作コマンドはApacheライセンスバージョン2.0です。

# 聞きたい質問がFAQには載っていません。

お問い合わせについては Stackoverflow. にて回答します。