# サポートされるSQL文

GridDBでサポートされるSQL文は、次の通りです。

コマンド 概要
CREATE DATABASE データベースを作成する。
CREATE TABLE テーブルを作成する。
CREATE INDEX 索引を作成する。
CREATE VIEW ビューを作成する。
CREATE USER 一般ユーザを作成する。
DROP DATABASE データベースを削除する。
DROP TABLE テーブルを削除する。
DROP INDEX 索引を削除する。
DROP VIEW ビューを削除する。
DROP USER 一般ユーザを削除する。
ALTER TABLE テーブルの構造を変更します。
GRANT 一般ユーザにデータベースへのアクセス権を設定する。
REVOKE 一般ユーザからデータベースへのアクセス権を削除する。
SET PASSWORD 一般ユーザのパスワードを変更する。
SELECT データを取得する。
INSERT テーブルに行を挿入する。
DELETE テーブルから行を削除する。
UPDATE テーブルにある行を更新する。
コメント コメントを表記する。
ヒント 実行計画を制御する。

本章では、SQL文の分類ごとに説明を行います。

# データ定義言語(DDL)

# CREATE DATABASE

データベースを作成します。

# 構文

CREATE DATABASE データベース名 ;

# 仕様

  • 管理ユーザのみが実行可能です。
  • 「public」、「information_schema」と同一の名前のデータベースは、GridDBの内部用に予約済みのため作成できません。
  • 既に同一の名前のデータベースが存在した場合は何も変更しません。
  • データベース名の規則は『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

# CREATE TABLE

# テーブルの作成

テーブルを作成します。

# 構文

  • テーブル(コレクション)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] [, PRIMARY KEY(列名 [, ...])] )
    [WITH (プロパティキー=プロパティ値)];
  • 時系列テーブル(時系列コンテナ)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列名 TIMESTAMP PRIMARY KEY [, 列定義 ...] )
    USING TIMESERIES [WITH (プロパティキー=プロパティ値 [, プロパティキー=プロパティ値 ...])] ;
  • 列定義

    • 列名 型名 [ 列制約 ]
  • 列制約

    • PRIMARY KEY (先頭の列のみ指定可)
    • NULL
    • NOT NULL

# 仕様

  • テーブル名、列名の規則は『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

  • “IF NOT EXISTS”が指定された場合、指定したテーブル名と同じ名前のテーブルが存在しないときのみ作成します。

  • 列定義 では、列名と型名の指定が必須です。指定可能な型名はデータ格納に使用する型を参照ください。

  • テーブル(コレクション)では列定義の記述後、PRIMARY KEYによる複合主キーの設定が可能です。複合主キーは先頭カラムより順に設定することが必要で、上限数は16です。列制約におけるPRIMARY KEYと同時に設定することはできません。また、時系列テーブル(時系列コンテナ)では設定できません。

  • 時系列テーブル(時系列コンテナ)については『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

  • データアフィニティに関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。

    機能 内容 プロパティキー プロパティ値の型
    データアフィニティ ヒント情報
    (コンテナ間の類似性を示す文字列)
    data_affinity STRING型
  • 時系列テーブルの場合、期限解放に関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。

    機能 内容 プロパティキー プロパティ値の型 期限解放設定時の必須項目
    期限解放機能 種別 expiration_type STRING型
    (指定可能な値は次の1種類。ROW: ロウ期限解放)
    必須
    経過時間 expiration_time INTEGER型 必須
    経過単位 expiration_time_unit STRING型
    (指定可能な値は次の5種類。DAY / HOUR / MINUTE / SECOND / MILLISECOND )
    省略可(デフォルト:DAY)
    分割数 expiration_division_count INTEGER型 省略可(デフォルト:8)
  • 各項目の内容については『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

#

  • テーブルの作成

    CREATE TABLE myTable (
      key INTEGER PRIMARY KEY,
      value1 DOUBLE NOT NULL,
      value2 DOUBLE NOT NULL
    );
    
  • ロウ期限解放を使用する時系列テーブルの作成

    CREATE TABLE myTimeseries (
      mycolumn1 TIMESTAMP PRIMARY KEY,
      mycolumn2 STRING
    ) USING TIMESERIES WITH (
      expiration_type='ROW',
      expiration_time=10,
      expiration_time_unit='DAY'
    );
    

# パーティショニングテーブルの作成

パーティショニングテーブルを作成します。

各パーティショニングの機能については、『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

# (1) ハッシュパーティショニングテーブルの作成

# 構文

  • テーブル(コレクション)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] [, PRIMARY KEY(列名 [, ...])] )
    [WITH (プロパティキー=プロパティ値)]
    PARTITION BY HASH (パーティショニングキーの列名) PARTITIONS 分割数 ;
  • 時系列テーブル(時系列コンテナ)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] )
    USING TIMESERIES [WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)]]
    PARTITION BY HASH (パーティショニングキーの列名) PARTITIONS 分割数 ;

# 仕様

  • 指定されたパーティショニングキーの列名と分割数の値により、ハッシュパーティショニングテーブルを作成します。
  • 「分割数」は、1以上かつ1024以下の値を指定してください。
  • パーティショニングキーには主キーを設定する必要があります。主キー以外を設定する場合は、コンフィグファイルで制限を解除する必要があります。詳細は『GridDB 機能リファレンス』のクラスタ定義ファイルの設定を参照ください。
  • パーティショニングキーに指定した列の値は、更新できません。
  • データアフィニティに関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様です。
  • 時系列テーブルの場合、期限解放に関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様です。

#

  • ハッシュパーティショニングテーブルの作成

    CREATE TABLE myHashPartition (
      id INTEGER PRIMARY KEY,
      value STRING
    ) PARTITION BY HASH (id) PARTITIONS 128;
    

# (2) インターバルパーティショニングテーブルの作成

# 構文

  • テーブル(コレクション)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] [, PRIMARY KEY(列名 [, ...])])
    [WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)]
    PARTITION BY RANGE(パーティショニングキーの列名) EVERY(分割幅値 [, 単位 ]) ;
  • 時系列テーブル(時系列コンテナ)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] )
    USING TIMESERIES [WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)]
    PARTITION BY RANGE(パーティショニングキーの列名) EVERY(分割幅値 [, 単位 ]) ;

# 仕様

  • 「パーティショニングキーの列名」には、BYTE型、SHORT型、INTEGER型、LONG型、TIMESTAMP型のいずれかの列を指定してください。

  • パーティショニングキーには主キーを設定する必要があります。主キー以外を設定する場合は、コンフィグファイルで制限を解除する必要があります。詳細は『GridDB 機能リファレンス』のクラスタ定義ファイルの設定を参照ください。

  • パーティショニングキーに指定した列の値は、更新できません。

  • 分割幅値には次の値が指定できます。

    パーティショニングキーの型 分割幅値に指定できる値
    BYTE型 1~27-1
    SHORT型 1~215-1
    INTEGER型 1~231-1
    LONG型 1000~263-1
    TIMESTAMP型 1以上
  • TIMESTAMP型の列を指定した場合は、単位を指定する必要があります。単位に指定できる値は、DAYです。

  • TIMESTAMP型以外の列を指定した場合は、単位は指定できません。

  • データアフィニティに関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様です。

  • 期限解放に関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様ですが、expiration_typeのみ以下の仕様になります。

    機能 内容 プロパティキー プロパティ値の型 期限解放設定時の必須項目
    期限解放機能 種別 expiration_type STRING型
    (指定可能な値は次の2種類。指定省略時はPARTITION。
    PARTITION: パーティション期限解放
    ROW: ロウ期限解放)
    省略可
  • ロウ期限解放は時系列テーブル(時系列コンテナ)の場合に指定できます。

  • パーティション期限解放は次の場合に指定できます。

    • 時系列テーブル(時系列コンテナ)
    • パーティショニングキーがTIMESTAMP型のテーブル(コレクション)
  • 各項目の内容については『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。

#

  • インターバルパーティショニングテーブルの作成

    CREATE TABLE myIntervalPartition (
      date TIMESTAMP PRIMARY KEY,
      value STRING
    ) PARTITION BY RANGE (date) EVERY (30, DAY);
    
  • パーティション期限解放を使用するインターバルパーティショニングテーブル(時系列テーブル)の作成

    CREATE TABLE myIntervalPartition2 (
      date TIMESTAMP PRIMARY KEY,
      value STRING
    ) USING TIMESERIES WITH (
      expiration_type='PARTITION',
      expiration_time=90,
      expiration_time_unit='DAY'
    ) PARTITION BY RANGE (date) EVERY (30, DAY);
    

# (3) インターバル-ハッシュパーティショニングテーブルの作成

# 構文

  • テーブル(コレクション)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] [, PRIMARY KEY(列名 [, ...])] )
    [WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...) ]
    PARTITION BY RANGE(インターバルパーティショニングキーの列名) EVERY(分割幅値 [, 単位 ])
    SUBPARTITION BY HASH(ハッシュパーティショニングキーの列名) SUBPARTITIONS 分割数 ;
  • 時系列テーブル(時系列コンテナ)

    CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] テーブル名 ( 列定義 [, 列定義 ...] )
    USING TIMESERIES [WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)]
    PARTITION BY RANGE(インターバルパーティショニングキーの列名) EVERY(分割幅値 [, 単位 ])
    SUBPARTITION BY HASH(ハッシュパーティショニングキーの列名) SUBPARTITIONS 分割数 ;

# 仕様

  • 「インターバルパーティショニングキーの列名」には、BYTE型、SHORT型、INTEGER型、LONG型、TIMESTAMP型のいずれかの列を指定してください。

  • インターバルパーティショニングの分割幅値には次の値が指定できます。

    パーティショニングキーの型 分割幅値に指定できる値
    BYTE型 1~27-1
    SHORT型 1~215-1
    INTEGER型 1~231-1
    LONG型 1000×ハッシュの分割数~263-1
    TIMESTAMP型 1以上
    • TIMESTAMP型の列を指定した場合は、単位を指定する必要があります。単位に指定できる値は、DAYです。
    • TIMESTAMP型以外の列を指定した場合は、単位は指定できません。
  • ハッシュパーティショニングの「分割数」は、1以上かつ1024以下の値を指定してください。

  • パーティショニングキーには主キーを設定する必要があります。主キー以外を設定する場合は、コンフィグファイルで制限を解除する必要があります。詳細は『GridDB 機能リファレンス』のクラスタ定義ファイルの設定を参照ください。

  • パーティショニングキーに指定した列の値は、更新できません。

  • データアフィニティに関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様です。

  • 期限解放に関するオプションを" WITH (プロパティキー=プロパティ値, ...)"の形式で指定することができます。 指定可能なオプションは通常のテーブルと同様ですが、expiration_typeのみ以下の仕様になります。

    機能 内容 プロパティキー プロパティ値の型 期限解放設定時の必須項目
    期限解放機能 種別 expiration_type STRING型
    (指定可能な値は次の2種類。指定省略時はPARTITION。
    PARTITION: パーティション期限解放
    ROW: ロウ期限解放)
    省略可

#

  • インターバルハッシュパーティショニングテーブルの作成

    CREATE TABLE myIntervalHashPartition (
      date TIMESTAMP,
      value STRING,
      PRIMARY KEY (date, value)
    ) PARTITION BY RANGE (date) EVERY (60, DAY)
    SUBPARTITION BY HASH (value) SUBPARTITIONS 64;
    
  • パーティション期限解放を使用するインターバルハッシュパーティショニングテーブル(時系列テーブル)の作成

    CREATE TABLE myIntervalHashPartition2 (
      date TIMESTAMP PRIMARY KEY,
      value STRING
    ) USING TIMESERIES WITH (
      expiration_type='PARTITION',
      expiration_time=90,
      expiration_time_unit='DAY'
    ) PARTITION BY RANGE (date) EVERY (60, DAY)
    SUBPARTITION BY HASH (date) SUBPARTITIONS 64;
    

# CREATE INDEX

索引を作成します。

# 構文

CREATE INDEX [IF NOT EXISTS] 索引名 ON テーブル名 ( 索引をつける列名 [, ...] ) ;

# 仕様

  • 索引名の規則は『GridDB 『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。
  • 同じテーブルに対して、既に存在する索引と同じ名前の索引は作成できません。
  • 処理対象のテーブルにおいて実行中のトランザクションが存在する場合、それらの終了を待機してから作成を行います。
  • BLOB型と配列型の列には索引を作成できません。
  • 索引をつけることのできる列は最大16です。
  • 時系列テーブルでは、複合索引に主キーを含むことはできません。

# CREATE VIEW

ビューを作成します。

# 構文

CREATE [FORCE] VIEW ビュー名 AS SELECT文 ;

# 仕様

  • ビュー名の規則は『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。
  • SELECT文の参照可否のチェックを行います。参照できない場合は作成できません。
  • FORCE指定時はSELECT文の参照可否のチェックを行いません。ただし、構文チェックは行われます。
  • SELECT文中に他のビュー名を含むことができます。ただし、循環参照となる場合はFORCEを指定しても作成できません。

# CREATE USER

一般ユーザを作成します。

# 構文

CREATE USER ユーザ名 IDENTIFIED BY ‘パスワード文字列’ ;

# 仕様

  • ユーザ名の規則は『GridDB 機能リファレンス』を参照ください。
  • 管理ユーザのみが実行可能です。
  • インストール時に登録済の管理ユーザ(adminおよびsystem)と同一の名前のユーザは作成できません。
  • パスワード文字列に使用できる文字は、ASCII文字のみです。大文字と小文字は区別します。

# DROP DATABASE

データベースを削除します。

# 構文

DROP DATABASE データベース名 ;

# 仕様

  • 管理ユーザのみが実行可能です。
  • 「public」、「information_schema」という名前のデータベース、および「gs#」で始まる名前のデータベースは、GridDBの内部用に予約済みのため削除できません。
  • ユーザが作成したテーブルが存在するデータベースは削除できません。

# DROP TABLE

テーブルを削除します。

# 構文

DROP TABLE [IF EXISTS] テーブル名 ;

# 仕様

  • “IF EXISTS”が指定された場合、指定した名前のテーブルが存在しない場合は何も変更しません。
  • 処理対象のテーブルにおいて実行中のトランザクションが存在する場合、それらの終了を待機してから削除を行います。

# DROP INDEX

指定された索引を削除します。

# 構文

DROP INDEX [IF EXISTS] 索引名 ON テーブル名 ;

# 仕様

  • “IF EXISTS”が指定された場合、指定した名前の索引が存在しない場合は何も変更しません。
  • 処理対象のテーブルにおいて実行中のトランザクションが存在する場合、それらの終了を待機してから削除を行います。
  • NoSQLインターフェースから名前無しで付与した索引をDROP INDEXで削除することはできません。

# DROP VIEW

ビューを削除します。

# 構文

DROP VIEW [IF EXISTS] ビュー名 ;

# 仕様

  • “IF EXISTS”が指定された場合、指定した名前のビューが存在しない場合は何も変更しません。

# DROP USER

一般ユーザを削除します。

# 構文

DROP USER ユーザ名 ;

# 仕様

  • 管理ユーザのみが実行可能です。

# ALTER TABLE

テーブルの構造を変更します。

# カラムを追加する

テーブルの末尾にカラムを追加します。

# 構文

ALTER TABLE テーブル名 ADD [COLUMN] 列定義 [,ADD [COLUMN] 列定義 ...] ;
  • 列定義

    • 列名 型名 [ 列制約 ]
  • 列制約

    • NULL
    • NOT NULL

# shi

  • 追加するカラムは、テーブルの末尾に配置します。複数のカラムを指定した場合は指定した順序で配置します。
  • 列制約に"PRIMARY KEY"は指定できません。
  • 既に同じ名前のカラムが存在した場合はエラーになります。

#

  • 複数のカラムの追加

    ALTER TABLE myTable1
      ADD COLUMN col111 STRING NOT NULL,
      ADD COLUMN col112 INTEGER;
    

# データパーティションを削除する

テーブルパーティショニングで作成されたデータパーティションを削除します。

# 構文

ALTER TABLE テーブル名 DROP PARTITION FOR ( 削除するデータパーティションの区間(下限値から上限値)に含まれる値 );

# shi

  • インターバルとインターバル-ハッシュパーティショニングの場合のみ、データパーティションを削除できます。
  • 削除するデータパーティションの区間(下限値から上限値)に含まれる値を指定してください。
  • 一度削除したデータパーティションの区間(下限値から上限値)に該当するデータの新規登録はできません。
  • データパーティションの区間の下限値は、メタテーブルで確認できます。区間の上限値は多くの場合、下限値+分割幅値の値です。
  • インターバル-ハッシュパーティショニングの場合は、同じ下限値のデータパーティションが、ハッシュの分割数分(最大)存在します。 データパーティションを削除する場合は、それらの同じ下限値をもつデータパーティションは同時に削除されます。削除の確認はメタテーブルで行います。

メタテーブルの詳細はメタテーブルを参照ください。

#

インターバルパーティショニングテーブル

  • インターバルパーティショニングのテーブル「myIntervalPartition1」(パーティショニングキーの型:TIMESTAMP、分割幅値30日)のデータパーティションの下限値一覧を確認する

    SELECT PARTITION_BOUNDARY_VALUE FROM "#table_partitions"
    WHERE TABLE_NAME='myIntervalPartition1' ORDER BY PARTITION_BOUNDARY_VALUE;
    PARTITION_BOUNDARY_VALUE
    -----------------------------------
     2017-01-10T13:00:00.000Z
     2017-02-09T13:00:00.000Z
     2017-03-11T13:00:00.000Z
           :
    
  • 不要なデータパーティションを削除する

    ALTER TABLE myIntervalPartition1 DROP PARTITION FOR ('2017-01-10T13:00:00Z');
    

インターバル-ハッシュパーティショニングテーブル

  • インターバル-ハッシュパーティショニングのテーブル「myIntervalHashPartition」(インターバルパーティショニングキーの型:TIMESTAMP、分割幅値90DAY、ハッシュパーティショニングキーの分割数3)のデータパーティションの下限値一覧を確認する

    SELECT PARTITION_BOUNDARY_VALUE FROM "#table_partitions"
    WHERE TABLE_NAME='myIntervalHashPartition' ORDER BY PARTITION_BOUNDARY_VALUE;
    PARTITION_BOUNDARY_VALUE
    -----------------------------------
    2016-08-01T10:00:00.000Z    同じ下限値のデータがハッシュされて3つの
    2016-08-01T10:00:00.000Z    データパーティションに分割されている
    2016-08-01T10:00:00.000Z
    2016-10-30T10:00:00.000Z
    2016-10-30T10:00:00.000Z
    2016-10-30T10:00:00.000Z
    2017-01-29T10:00:00.000Z
           :
    
  • 不要なデータパーティションを削除する

    ALTER TABLE myIntervalHashPartition DROP PARTITION FOR ('2016-09-15T10:00:00Z');
    
  • 同じ下限値のデータパーティションが削除される

    SELECT PARTITION_BOUNDARY_VALUE FROM "#table_partitions"
    WHERE TABLE_NAME='myIntervalHashPartition' ORDER BY PARTITION_BOUNDARY_VALUE;
    PARTITION_BOUNDARY_VALUE
    -----------------------------------
    2016-10-30T10:00:00.000Z    '2016-09-15T10:00:00Z'を含む区間(下限値'2016-08-01T10:00:00Z')の
    2016-10-30T10:00:00.000Z    3つのデータパーティションが削除される
    2016-10-30T10:00:00.000Z
    2017-01-29T10:00:00.000Z
           :
    

# データ制御言語(DCL)

# GRANT

一般ユーザにデータベースへのアクセス権を付与します。

# 構文

GRANT {SELECT|ALL} ON データベース名 TO ユーザ名;

# 仕様

  • 管理ユーザのみが実行可能です。
  • SELECTは参照権限、ALLは参照権限と更新権限を表します。

# REVOKE

一般ユーザからデータベースへのアクセス権を剥奪します。

# 構文

REVOKE {SELECT|ALL} ON データベース名 FROM ユーザ名 ;

# 仕様

  • 管理ユーザのみが実行可能です。
  • SELECTは参照権限、ALLは参照権限と更新権限を表します。

# SET PASSWORD

一般ユーザのパスワードを変更します。

# 構文

SET PASSWORD [FOR ユーザ名 ] = ‘パスワード文字列’ ;

# 仕様

  • 管理ユーザは全ての一般ユーザのパスワードを変更可能です。
  • 一般ユーザは自身のパスワードのみ変更可能です。

# データ操作言語(DML)

# SELECT

データを取得します。FROM句、WHERE句など様々なから構成されます。

# 構文

SELECT [{ALL|DISTINCT}] * | 列名1 [, 列名2 ...]
[FROM句]
[WHERE句]
[GROUP BY句 [HAVING句]]
[{UNION [ALL] |INTERSECT|EXCEPT} SELECT文]
[ORDER BY句]
[LIMIT句 [OFFSET句]] ;

# INSERT

テーブルに行を登録します。INSERT句は単に行を登録し、INSERT OR REPLACE句とREPLACE句は、既に同一主キーが存在するデータを与えた場合、既存のデータを上書きします。REPLACE句はINSERT OR REPLACE句の別名で、機能の違いはありません。

# 構文

{INSERT|INSERT OR REPLACE|REPLACE} INTO テーブル名
{VALUES ( { 数値1 | 文字列1 } [, { 数値2 | 文字列2 } ...] )|SELECT文} ;

# 仕様

  • VALUESではなくSELECT文を指定した場合は、その実行結果が登録データになります。
INSERT INTO myTable1 VALUES(1, 100);
REPLACE INTO myTable1 VALUES(1, 200);
INSERT INTO myTable1 SELECT * FROM myTable2;

# DELETE

テーブルから行を削除します。

# 構文

構文
DELETE FROM テーブル名 [WHERE句] ;

# UPDATE

テーブルに存在する行を更新します。

# 構文

UPDATE テーブル名 SET 列名1 = 式1 [, 列名2 = 式2 ...] [WHERE句] ;

# 仕様

  • PRIMARY KEY制約のあるカラムの値は更新できません。

  • パーティショニングを設定した場合、UPDATE句を使ってパーティショニングキーになっている項目を別の値に更新することはできません。このような場合は、DELETE文を実行後にINSERT文を実行してください。

    • 例)
      CREATE TABLE tab (a INTEGER, b STRING) PARTITION BY HASH a PARTITIONS 5;
      -- NG
      UPDATE tab SET a = a * 2;
      [240016:SQL_COMPILE_PARTITIONING_KEY_NOT_UPDATABLE] Partitioning column='a' is not updatable
      -- OK
      UPDATE tab SET b = 'XXX';
      
  • SET句で指定する列名は、テーブル名で修飾することはできません。

    • 例)
      CREATE TABLE myTable1 (key INTEGER, value INTEGER);
      -- NG
      UPDATE myTable1 SET myTable1.value = 999 WHERE myTable1.key = 8;
      -- OK
      UPDATE myTable1 SET value = 999 WHERE myTable1.key = 8;
      
  • サブクエリを更新値に利用することはできません。ただし、WHERE句などの条件文には利用可能です。

    • 例)
      CREATE TABLE myTable1 (key INTEGER, value INTEGER);
      -- NG
      UPDATE myTable1 SET value = (SELECT 999) WHERE key = 8;
      -- OK
      UPDATE myTable1 SET value = 999 WHERE key = (SELECT 8);
      

#

# FROM

データ操作を行うテーブル名またはビュー名、サブクエリを指定します。

# 構文

FROM テーブル名1 [, テーブル名2 ... ]
FROM ( sub_query ) [AS] 別名 [, ... ]

# 仕様

  • サブクエリを指定する場合は、()で括り、別名を指定する必要があります。

例)

SELECT a.ID, b.ID FROM mytable a, (SELECT ID FROM mytable2) b;
ID     ID
---+-----
 1    100
 1    200
 2    100
 2    200
   :

# GROUP BY

前に指定された句の結果の中で、指定された列で同じ値を持った行をグループ化します。

# 構文

GROUP BY 列名1 [, 列名2 ...]

# HAVING

GROUP BY句によりグループ化された情報に対して探索条件で絞り込みを行います。GROUP BY句は省略できません。

# 構文

HAVING 探索条件

# ORDER BY

検索結果の並べ替え(ソート)を行います。

ORDER BY 列名1 [{ASC|DESC}] [, 列名2 [{ASC|DESC}] ...]

# WHERE

先行するFROM句の結果に、探索条件を適用します。

# 構文

WHERE 探索条件

# 仕様

  • 探索条件は式や関数、サブクエリなどを用いて記述できます。

# LIMIT/OFFSET

指定した位置から指定した件数分のデータを取り出します。

# 構文

LIMIT 値1 [OFFSET 値2 ]

# 仕様

  • 値1は取り出すデータ件数を表し、値2は取り出すデータ位置を表します。

# JOIN

テーブルを結合します。

# 構文

結合の種類 構文
内部結合 テーブル1 [INNER] JOIN テーブル2 [ ON | USING(列名 [,列名 ...]) ]
左外部結合 テーブル1 LEFT [OUTER] JOIN テーブル2 [ ON | USING(列名 [,列名 ...]) ]
クロス結合 テーブル1 CROSS JOIN テーブル2 [ ON | USING(列名 [,列名 ...]) ]
  • 内部結合は、両方のテーブルの指定した列の値が一致する結果を返します。
  • 左外部結合は、両方のテーブルの指定した列の値が一致する結果と、テーブル1 にしか存在しない結果を返します。
  • クロス結合は、内部結合(INNER JOIN)と等価です。

結合条件は、ON句またはUSING句を用いて指定します。

例)

名前: employees
 id   first_name   department_id
----+------------+----------------
  0   John         0
  1   William      1
  2   Richard      0
  3   Mary         4
  4   Lisa         3
  5   James        1
名前: departments
 department_id   department   
---------------+------------
  0              Sales
  1              Development
  2              Research
  3              Marketing
○内部結合
SELECT * FROM employees e INNER JOIN departments d ON e.department_id=d.department_id;
 id    first_name  department_id  department_id  department
------+-----------+--------------+--------------+-----------
  0    John         0              0             Sales
  1    William      1              1             Development
  2    Richard      0              0             Sales
  4    Lisa         3              3             Marketing
  5    James        1              1             Development
○左外部結合
SELECT * FROM employees e LEFT JOIN departments d  ON e.department_id=d.department_id;
 id    first_name  department_id  department_id  department
------+-----------+--------------+--------------+-----------
  0    John         0              0             Sales
  1    William      1              1             Development
  2    Richard      0              0             Sales
  3    Mary         4              (NULL)        (NULL)
  4    Lisa         3              3             Marketing
  5    James        1              1             Development

自然結合(NATURAL JOIN)を用いると、指定されたテーブルの同じ名前のカラムの値が一致するかを結合条件として結合を行います。

結合の種類 構文
内部結合 テーブル1 NATURAL [INNER] JOIN テーブル2
左外部結合 テーブル1 NATURAL LEFT [OUTER] JOIN テーブル2
クロス結合 テーブル1 NATURAL CROSS JOIN テーブル2
SELECT * FROM employees NATURAL INNER JOIN departments;
 department_id   id    first_name     department
---------------+-----+--------------+--------------
  0              0     John           Sales
  1              1     William        Development
  0              2     Richard        Sales
  3              4     Lisa           Marketing
  1              5     James          Development

# UNION/INTERSECT/EXCEPT

2つの問い合わせ結果の集合に対して演算を行います。

# 構文

問合せ1 UNION 問合せ2 2つの問合せのすべての結果を返します (重複は含まない)
問合せ1 UNION ALL 問合せ2 2つの問合せのすべての結果を返します (重複を含む)
問合せ1 INTERSECT 問合せ2 2つの問合せの共通の結果を返します
問合せ1 EXCEPT 問合せ2 2つの問合せの差分(問合せ1に含まれていて問合せ2に含まれない結果)の結果を返します

# OVER

問い合わせ結果の分割や、並び替えを行います。WINDOW関数と共に利用します。

構文

関数 OVER ( [PARTITION BY 式1 ] [ORDER BY 式2 ] )

仕様

  • SELECT句で利用できます。
  • 対応する関数は以下です。
    • ROW_NUMBER()
  • PARTITION BY句で問い合わせ結果を分割します。ORDER BY句でロウの並び替えを行います。
  • 同一SELECT句内でのWINDOW関数/OVER句の複数利用や、WINDOW関数/OVER句とMEDIAN関数の同時利用はできません。
  • PARTITION BY句に、以下の式は指定できません。
    • OVER句を含む式
    • 集計関数を含む式
    • 列の別名を含む式
    • サブクエリ
  • ORDER BY句に、以下の式は指定できません。
    • OVER句を含む式
    • 集計関数を含む式
    • 列の別名を含む式
    • サブクエリ

# 演算子

SQL文で使用する演算子を以下に説明します。

# 演算子一覧

演算子の一覧は次の通りです。

分類 演算子 説明
算術 + 加算します
- 減算します
* 乗算します
/ 除算します
% 剰余を求めます
文字 || 任意の型の値を文字列として連結します
比較 =, == 等しいかどうかを比較します
!=, <> 等しくないかどうかを比較します
> より大きいかどうかを比較します
>= より大きい、または、等しいかどうかを比較します
< より小さいかどうかを比較します
<= より小さい、または、等しいかどうかを比較します
IS 等しいかどうかを比較します。
両方の式がNULLの場合はtrueを返します。
いずれかがNULLの場合はfalseを返します。
IS NOT 等しくないかどうかを比較します。
両方の式がNULLの場合はfalseを返します。
いずれかがNULLの場合はtrueを返します。
ISNULL 左辺の式がNULLかを判定します
NOTNULL 左辺の式がNULLでないかを判定します
LIKE 文字列を検索します。
GLOB 文字列を検索します。
BETWEEN 指定した範囲の値を取り出します。
IN 値の集合の中に指定した値が含まれるかどうかを返します。
ビット & A & B :AとBのビットのANDをとります
| A | B :AとBのビットのORをとります
~ ~A :AのビットのNOTをとります
<< A << B :Aを左へBビット分シフトします
>> A >> B :Aを右へBビット分シフトします
論理 AND 両方の式がtrueの場合はtrueを返します。
いずれかがfalseの場合はfalseを返します。
それ以外の場合はNULLを返します。
OR いずれかの式がtrueの場合はtrueを返します。
両方がfalseの場合はfalseを返します。
それ以外の場合はNULLを返します。
NOT 式がtrueの場合はfalseを返します。
falseの場合はtrueを返します。
それ以外の場合はNULLを返します。

# LIKE

文字列を検索します。

# 構文

str [NOT] LIKE pattern_str [ESCAPE escape_str ]

# 仕様

# GLOB

# 構文

文字列を検索します。

str GLOB pattern_str

# 仕様

# BETWEEN

指定した範囲の値を取り出します。

# 構文

式1 [NOT] BETWEEN 式2 AND 式3

# 仕様

  • 次の条件を満たす場合はtrueを返します。

    式2 ≦ 式1 ≦ 式3
    
  • NOTを指定すると上記の条件を満たさない場合にtrueを返します。

# IN

値の集合の中に指定した値が含まれるかどうかを返します。

# 構文

式1 [NOT] IN ( [式2 [, 式3 ...]] )

# 仕様

  • 式1 の値が、式N の結果に含まれる場合はtrueを返します。
  • INはサブクエリに対しても使用できます。

# 関数

SQL文で使用する関数を以下に説明します。

# 関数一覧

SQL文には以下の関数が用意されています。

分類 関数名 説明
集計 AVG 平均値を返します
COUNT ロウ数を返します
MAX 最大値を返します
MIN 最小値を返します
SUM 合計値を返します
TOTAL 合計値を返します
GROUP_CONCAT 値を連結します
STDDEV_SAMP 標本標準偏差を返します
STDDEV 標本標準偏差を返します
STDDEV0 標本標準偏差を返します
STDDEV_POP 母標準偏差を返します
VAR_SAMP 標本分散を返します
VARIANCE 標本分散を返します
VARIANCE0 標本分散を返します
VAR_POP 母分散を返します
MEDIAN 中央値を返します
算術 ABS 絶対値を返します
ROUND 四捨五入します
RANDOM 乱数を返します
MAX 最大値を返します
MIN 最小値を返します
LOG 対数を返します
SQRT 平方根を返します
TRUNC 数値を切り捨てます
HEX_TO_DEC 16進数の文字列を10進数の数値に変換します
文字 LENGTH 文字列の長さを返します
LOWER 文字列を小文字に変換します
UPPER 文字列を大文字に変換します
SUBSTR 文字列の一部を切り出します
REPLACE 文字列を置換します
INSTR 文字列の中から特定の文字列の位置を返します
LIKE 文字列を検索します
GLOB 文字列を検索します
TRIM 文字列の両端から特定の文字を除きます
LTRIM 文字列の左端から特定の文字を除きます
RTRIM 文字列の右端から特定の文字を除きます
QUOTE 文字列をシングルクォートで囲みます
UNICODE 文字のUnicodeコードポイントを返します
CHAR Unicodeコードポイントを文字に変換して連結します
PRINTF フォーマット変換した文字列を返します
TRANSLATE 文字列を置換します
日時 NOW 現在時刻を返します
TIMESTAMP 時刻の文字列表記をTIMESTAMP型に変換します
TIMESTAMP_ADD 時刻を加算します
TIMESTAMP_DIFF 時刻の差分を返します
TO_TIMESTAMP_MS 時刻'1970-01-01T00:00:00.000Z'に経過時間を加算します
TO_EPOCH_MS 時刻'1970-01-01T00:00:00.000Z'からの経過時間を返します
EXTRACT 時刻から特定のフィールドの値を取り出します
STRFTIME 時刻をフォーマット変換した文字列を返します
MAKE_TIMESTAMP 時刻を生成します
TIMESTAMP_TRUNC 時刻を切り捨てます
WINDOW ROW_NUMBER 結果のロウに対して、一意となる連番値を割り振ります
その他 COALESCE NULLではない最初の引数を返します
IFNULL NULLではない最初の引数を返します
NULLIF 2つの引数が同じ場合はNULL、異なる場合は最初の引数を返します
RANDOMBLOB BLOB型の値(乱数)を返します
ZEROBLOB BLOB型の値(0x00)を返します
HEX BLOB型の値を16進表記に変換します
TYPEOF 値のデータ型を返します

関数の説明では、以下のテーブルのデータを実行例として使用します。

テーブル: employees
 id   first_name   last_name   age     department    enrollment_period
----+------------+-----------+-------+-------------+-------------------
  0   John         Smith       43      Sales         15.5
  1   William      Jones       59      Development   23.2
  2   Richard      Brown       (NULL)  Sales          7.0
  3   Mary         Taylor      31      Research      (NULL)
  4   Lisa         (NULL)      29      (NULL)         4.9
  5   James        Smith       43      Development   10.3
テーブル: departments
 id   department   
----+------------
  0   Sales
  1   Development
  2   Research

# メモ

  • NULLの値は(NULL)と表記します。

# 集計関数

値を集計する関数です。 集計関数の引数には、DISTINCTまたはALLを指定できます。

書式 function( [DISTINCT | ALL] argument)
項目 意味
DISTINCT 重複する値のロウは除外して集計します
ALL 重複する値も含めてすべてのロウを集計します

指定を省略した場合は、ALLを指定した場合と同じになります。

# メモ

  • 集計関数は、SELECT句にしか使えません。
  • 計算の対象となる行が存在しない場合、COUNTの結果は0になります。その他の集計関数の結果はNULLになります。

# AVG

書式 AVG( [DISTINCT | ALL] n)

n の平均値を返します。

  • 引数nには、数値型の値を指定します。
  • n の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT AVG(age) FROM employees;
結果:41.0
SELECT AVG(DISTINCT age) FROM employees;
結果:40.5
SELECT department, AVG(age) avg FROM employees GROUP BY department;
結果:
  department   avg
  ------------+-----
  Development  51.0
  Research     31.0
  Sales        43.0
  (NULL)       29.0

# COUNT

書式 COUNT(* | [DISTINCT | ALL] x)

ロウの数を返します。

  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。ロウ数にはカウントされません。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT COUNT(*) FROM employees;
結果:6
// 値がNULLのロウは無視してカウントします
SELECT COUNT(department) FROM employees;
結果:5
SELECT COUNT(DISTINCT department) FROM employees;
結果:3

# MAX

書式 MAX( [DISTINCT | ALL] x)

最大値を返します。

  • 引数xには、任意の型の値を指定します。
    • 文字列型の場合は、先頭文字から順に比較して文字コードが最大である文字列を返します。
    • TIMESTAMP型の場合は、最も新しい日時を返します。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型は、引数xの型と同じです。

例)

SELECT MAX(age) FROM employees;
結果:59
SELECT MAX(first_name) FROM employees;
結果:William

# MIN

書式 MIN( [DISTINCT | ALL] x)

最小値を返します。

  • 引数xには、任意の型の値を指定します。
    • 文字列型の場合は、先頭文字から順に比較して文字コードが最小である文字列を返します。
    • TIMESTAMP型の場合は、最も古い日時を返します。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型は、引数xの型と同じです。

例)

SELECT MIN(age) FROM employees;
結果:29
SELECT MIN(first_name) FROM employees;
結果:James

# SUM/TOTAL

書式 SUM( [DISTINCT | ALL] n)
書式 TOTAL( [DISTINCT | ALL] n)

合計値を返します。

  • 引数nには、数値型の値を指定します。

  • n の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。

  • SUMとTOTALの違いは以下の通りです。

    • n が整数型の値のみの場合、SUMは整数(LONG型)で値を返します。TOTALは浮動小数点数(DOUBLE型)で値を返します。
    • n に浮動小数点数型の値が含まれる場合は、両方とも浮動小数点数(DOUBLE型)で値を返します。
    • n の値がNULLのみの場合、SUMはNULLを返します。TOTALは0を返します。

例)

SELECT SUM(age) FROM employees;
結果:205
SELECT TOTAL(age) FROM employees;
結果:205.0
SELECT department, SUM(age) sum FROM employees GROUP BY department;
結果:
  department   sum
  ------------+-----
  Development  102
  Research      31
  Sales         43
  (NULL)        29

# GROUP_CONCAT

書式 GROUP_CONCAT( [DISTINCT | ALL] x [, separator] )

x の値を連結した文字列を返します。 separator は、連結するセパレータを指定します。指定しない場合は","で連結します。

  • 引数 x には、任意の型の値を指定します。
    • TIMESTAMP型の場合は、時刻の文字列表記'YYYY-MM-DDThh:mm:ss.SSS(Z|±hh:mm)'(TIMESTAMP関数参照)に変換して連結します。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はSTRING型です。

例)

// 名前last_nameを'/'で連結します
SELECT GROUP_CONCAT(last_name, '/') from employees;
結果: Smith/Jones/Brown/Taylor/Smith
// 部署departmentごとに、名前first_nameを連結します
SELECT department, GROUP_CONCAT(first_name) group_concat from employees GROUP BY(department);
結果:
   department    group_concat
  -------------+--------------
   Development  William,James
   Research     Mary
   Sales        John,Richard
   (NULL)       Lisa
SELECT GROUP_CONCAT(age, ' + ') FROM employees;
結果:43 + 59 + 31 + 29 + 43

# STDDEV_SAMP

書式 STDDEV_SAMP( [DISTINCT | ALL] x)

標本標準偏差を返します。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数、WINDOW関数/OVER句を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • x が1件の場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT department, STDDEV_SAMP(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_stddev
  -------------+--------------------------
   Development  9.121677477306465
   Research     (NULL)
   Sales        6.010407640085654
   (NULL)       (NULL)

# STDDEV/STDDEV0

書式 STDDEV( [DISTINCT | ALL] x)
書式 STDDEV0( [DISTINCT | ALL] x)

標本標準偏差を返します。STDDEVはSTDDEV_SAMP関数の別名です。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数、WINDOW関数/OVER句を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はDOUBLE型です。
  • STDDEVとSTDDEV0の違いは以下の通りです。
    • STDDEVは、x が1件の場合に、NULLを返します。
    • STDDEV0は、x が1件の場合に、0を返します。

例)

SELECT department, STDDEV(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_stddev
  -------------+--------------------------
   Development  9.121677477306465
   Research     (NULL)
   Sales        6.010407640085654
   (NULL)       (NULL)
SELECT department, STDDEV0(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_stddev
  -------------+--------------------------
   Development  9.121677477306465
   Research     (NULL)
   Sales        6.010407640085654
   (NULL)       0.0
SELECT STDDEV(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees WHERE age >= 55;
結果:
   enrollment_period_stddev
  --------------------------
   (NULL)
SELECT STDDEV0(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees WHERE age >= 55;
結果:
   enrollment_period_stddev
  --------------------------
   0.0

# STDDEV_POP

書式 STDDEV_POP( [DISTINCT | ALL] x)

母標準偏差を返します。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数、WINDOW関数/OVER句を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT department, STDDEV_POP(enrollment_period) enrollment_period_stddev from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_stddev
  -------------+--------------------------
   Development  6.450000000000002
   Research     (NULL)
   Sales        4.25
   (NULL)       0.0

# VAR_SAMP

書式 VAR_SAMP( [DISTINCT | ALL] x)

標本分散を返します。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数、WINDOW関数/OVER句を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • x が1件の場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT department, VAR_SAMP(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_variance
  -------------+----------------------------
   Development  83.20500000000004
   Research     (NULL)
   Sales        36.125
   (NULL)       (NULL)

# VARIANCE/VARIANCE0

書式 VARIANCE( [DISTINCT | ALL] x)
書式 VARIANCE0( [DISTINCT | ALL] x)

標本分散を返します。VARIANCEはVAR_SAMP関数の別名です。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数、WINDOW関数/OVER句を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はDOUBLE型です。
  • VARIANCEとVARIANCE0の違いは以下の通りです。
    • VARIANCEはxが1件の場合に、NULLを返します。
    • VARIANCE0はxが1件の場合に、0を返します。

例)

SELECT department, VARIANCE(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_variance
  -------------+----------------------------
   Development  83.20500000000004
   Research     (NULL)
   Sales        36.125
   (NULL)       (NULL)
SELECT department, VARIANCE0(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_variance
  -------------+----------------------------
   Development  83.20500000000004
   Research     (NULL)
   Sales        36.125
   (NULL)       0.0
SELECT VARIANCE(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees WHERE age >= 55;
結果:
   enrollment_period_variance
  ----------------------------
   (NULL)
SELECT VARIANCE0(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees WHERE age >= 55;
結果:
   enrollment_period_variance
  ----------------------------
   0.0

# VAR_POP

書式 VAR_POP( [DISTINCT | ALL] x)

母分散を返します。

  • 引数xには、数値型の値を指定します。
    • 式に集計関数を含めることはできません。
  • x の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT department, VAR_POP(enrollment_period) enrollment_period_variance from employees GROUP BY department;
結果:
   department    enrollment_period_variance
  -------------+----------------------------
   Development  41.60250000000002
   Research     (NULL)
   Sales        18.0625
   (NULL)       0.0

# MEDIAN

書式 MEDIAN(n)

n の中央値を返します。計算対象のロウ数が偶数の場合は、中央に近い2つのロウの平均値を返します。

  • 引数nには、数値型の値を指定します。
    • サブクエリは指定できません。
  • n の値がNULLのロウは、計算の対象外になります。
  • 結果の型は、n が整数のみの場合はLONG型、浮動小数点数の場合はDOUBLE型です。
  • 同一SELECT句内でのWINDOW関数/OVER句の複数利用や、WINDOW関数/OVER句とMEDIAN関数の同時利用はできません。

例)

SELECT MEDIAN(age) FROM employees;
結果:43
SELECT department, MEDIAN(age) mn FROM employees GROUP BY department ORDER BY mn DESC;
結果:
  department   mn
  ------------+-----
  Development  51
  Sales        43
  Research     31
  (NULL)       29

# 算術関数

# ABS

書式 ABS(n)

n の絶対値を返します。正数はそのままの値、負数は-1を掛けた値を返します。

  • 引数nには、数値型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 値が-263の整数の場合は、オーバフローエラーになります。
  • 結果の型は、n が整数のみの場合はLONG型、浮動小数点数の場合はDOUBLE型です。

例)

SELECT first_name, ABS(age) abs FROM employees;
結果:
  first_name    abs
  ------------+-------
  John          43
  William       59
  Richard       (NULL)
  Mary          31
  Lisa          29
  James         43

# ROUND

書式 ROUND(n [, m])

四捨五入します。n の値を、小数点以下m桁で四捨五入した値を返します。

  • 引数nには、数値型のカラムを指定します。
  • 引数mには、0以上の整数を指定します。省略した場合、m は0になります。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は、n が整数のみの場合はLONG型、浮動小数点数の場合はDOUBLE型です。

例)

SELECT first_name, ROUND(enrollment_period, 0) round FROM employees;
結果:
  first_name    round
  ------------+-------
  John          16.0
  William       23.0
  Richard        7.0
  Mary          (NULL)
  Lisa           5.0
  James         10.0

# RANDOM

書式 RANDOM()

乱数を返します。乱数は、-263から263-1までの範囲の整数です。

  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT first_name, RANDOM() random FROM employees;
結果:
  first_name    random
  ------------+----------------------
  John          -3382931580741820003
  William       -7362300487836647182
  Richard        8834368641333737477
  Mary          -8544493602797564288
  Lisa          -7727163797274657674
  James          6751560427268247384

# MAX/MIN

書式 MAX(x1, x2 [,...])

xNの中で、最大の値を返します。

書式 MIN(x1, x2 [,...])

xNの中で、最小の値を返します。

例)

SELECT first_name, age, enrollment_period, MAX(age, enrollment_period) max FROM employees;
結果:
  first_name    age    enrollment_period   max
  ------------+-------+------------------+--------
  John          43      15.5               43.0
  William       59      23.2               59.0
  Richard       (NULL)   7.0               (NULL)
  Mary          31      (NULL)             (NULL)
  Lisa          29       4.9               29.0
  James         43      10.3               43.0

# LOG

書式 LOG(n, m)

n を底としたmの対数を返します。

  • 引数nには、0より大きく1以外の数値型の値を指定します。
  • 引数mには、0より大きい数値型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は、DOUBLE型です。

例)

SELECT LOG(2, 8);
結果:3.0
SELECT LOG(0.5, 2.0);
結果:-1.0

# SQRT

書式 SQRT(n)

n の正の平方根を返します。

  • 引数nには、0以上の数値型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はDOUBLE型です。

例)

SELECT SQRT(4);
結果:2.0
SELECT SQRT(16.0);
結果:4.0

# TRUNC

書式 TRUNC(n [,m])

m>=0 の場合、n の値の小数点 m 桁未満を切り捨てた値を返します。

m<0 の場合、n の 値の整数-m 桁以下を切り捨てた値を返します。

  • 引数n には、数値型の値を指定します。
  • 引数m には、整数を指定します。省略した場合、m は0になります。309以上、もしくは-308以下の値を与えることはできません。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は、引数nに整数が指定された場合はLONG型、小数が指定された場合はDOUBLE型です。

例)

SELECT TRUNC(123.4567);
結果:123.0
SELECT TRUNC(123.4567, 2);
結果:123.45
SELECT TRUNC(123.4567, -1);
結果:120.0
SELECT TRUNC(123.4567, -3);
結果:0.0
SELECT TRUNC(1234567, -2);
結果:1234500

# HEX_TO_DEC

書式 HEX_TO_DEC(str)

16進数文字列strを10進数の数値型に変換します。

  • 引数strには、16進数変換できる文字列型の値(0-9, a-f, A-F)を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT HEX_TO_DEC('FF');
結果:255
SELECT HEX_TO_DEC('10');
結果:16

# 文字関数

# LENGTH

書式 LENGTH(str)

文字列strの長さを返します。

  • 引数strには、文字列型の値を指定します。
    • 文字列型はUnicodeコードポイントを文字とします。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はLONG型です。
  • 引数にはBLOB型を指定することも可能です。

例)

SELECT last_name, LENGTH(last_name) length FROM employees;
結果:
  last_name     length
  ------------+----------------------
  Smith         5
  Jones         5
  Brown         5
  Taylor        6
  (NULL)        (NULL)
  Smith         5

# LOWER

書式 LOWER(str)

文字列strのアルファベットをすべて小文字に変換します。

  • 引数strには、文字列型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は文字列型です。
  • ASCII英字相当以外のUnicode文字は変換対象外です。

例)

SELECT last_name, LOWER(last_name) lower FROM employees;
結果:
  last_name     lower
  ------------+----------------------
  Smith         smith
  Jones         jones
  Brown         brown
  Taylor        taylor
  (NULL)        (NULL)
  Smith         smith

# UPPER

書式 UPPER(str)

文字列strのアルファベットをすべて大文字に変換します。

  • 引数strには、文字列型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は文字列型です。
  • ASCII英字相当以外のUnicode文字(キリル文字など)は変換対象外です。

例)

SELECT last_name, UPPER(last_name) upper FROM employees;
結果:
  last_name     upper
  ------------+----------------------
  Smith         SMITH
  Jones         JONES
  Brown         BROWN
  Taylor        TAYLOR
  (NULL)        (NULL)
  Smith         SMITH

# SUBSTR

書式 SUBSTR(str, index [, length])

文字列を部分的に切り出します。文字列strの開始位置indexの文字から、長さlengthの文字列を切り出して返します。

  • 引数strには、文字列型の値を指定します。
  • 引数indexには、1からの整数を指定します。文字列先頭の開始位置は1です。
  • 引数lengthを省略した場合は、文字列strの最後尾までを切り出します。
  • str の値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は文字列型です。
  • 引数にはBLOB型を指定することも可能です。

例)

SELECT SUBSTR('abcdefg', 3);
結果:cdefg
SELECT SUBSTR('abcdefg', 3, 2);
結果:cd

# REPLACE

書式 REPLACE(str, search_str, replacement_str)

文字列を置換します。 文字列strの中で、文字列search_strに一致する部分をすべてreplacement_strに置き換えます。

  • 引数strsearch_strreplacement_str には、文字列型の値を指定します。
  • str の値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT REPLACE('abcdefabc', 'abc', '123');
結果:123def123

# INSTR

書式 INSTR(str, search_str [, offset] [, occurrence])

文字列strの中から文字列search_strを探し、その開始位置を返します。見つからなかった場合は0を返します。

  • 引数strsearch_str には、文字列型もしくはBLOB型の値を指定します。strsearch_str には同じデータ型を指定する必要があります。引数 offsetoccurrence には、LONG型の値を指定します。
  • 文字列型の場合はUnicodeのコードポイント単位、BLOB型の場合はバイト単位で計算します。
  • offset は検索開始位置を表し、正の場合は前方先頭から、負の場合は後方末尾から順に計算します。0の場合は一致なしとみなし、0を返します。
  • occurrence は出現回数を表し、指定の回数だけ繰り返した最後のマッチ位置を計算します。0の場合は一致なしとみなし、0を返します。
  • いずれかの引数の値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT INSTR('abcdef', 'cd');
結果:3
SELECT INSTR('abcdef', 'gh');
結果:0
SELECT INSTR('abcabcabcde', 'ab', 2, 2);
結果:7
SELECT INSTR('abcabcabcde', 'ab', -1, 2);
結果:4

# LIKE

書式 LIKE(pattern_str, str [, escape_str])

文字列を検索します。 文字列strが照合パターンpattern_strと一致する場合はtrueを返します。一致しない場合はfalseを返します。 照合パターンには次の2つのワイルドカードが使用できます。

ワイルドカード 意味
_ 任意の1文字
% 任意の0文字以上の文字列

ワイルドカードの文字_または%を含むstrに対して、文字_または%を検索する場合には、エスケープ文字escape_strを指定します。 ワイルドカードの文字の前にエスケープ文字を指定すると、ワイルドカードと解釈されなくなります。

  • 引数strpattern_strescape_str には、文字列型の値を指定します。
  • いずれかの引数の値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 大文字小文字は区別しません。
  • 結果の型はBOOL型です。

例)

SELECT last_name, LIKE('%mi%', last_name) like_name FROM employees;
結果:
  last_name     like_name
  ------------+----------------------
  Smith         true
  Jones         false
  Brown         false
  Taylor        false
  (NULL)        (NULL)
  Smith         true
SELECT LIKE('%C%E%',  'ABC%DEF');
結果:true
SELECT LIKE('%C@%E%', 'ABC%DEF', '@');
結果:false
SELECT LIKE('%C@%D%', 'ABC%DEF', '@');
結果:true

# GLOB

書式 GLOB(pattern_str, str)

文字列を検索します。 文字列strが照合パターンpattern_strと一致する場合はtrueを返します。一致しない場合はfalseを返します。 照合パターンにはワイルドカードが使用できます。

ワイルドカード 意味
? 任意の1文字
* 任意の0文字以上の文字列
[abc] 文字a、bまたはcのいずれかに一致
[a-e] 文字aからeまでのいずれかに一致
  • 引数strpattern_str には、文字列型の値を指定します。
  • いずれかの引数の値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 大文字小文字は区別します。
  • 結果の型はBOOL型です。

例)

SELECT GLOB('*[BA]AB?D', 'AABCD');
結果:true

# TRIM

書式 TRIM(str [, trim_str])

文字列strの両端から、文字列trim_strのすべての文字を削除します。

  • 引数str, trim_str には、文字列型の値を指定します。
  • 引数 trim_str の文字列に含まれるすべての文字を削除します。省略すると、str の両端からスペースを削除します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT TRIM(' ABC ');
結果:ABC  (両端にスペース無し)
SELECT TRIM('ABCAA', 'BA');
結果:C

# LTRIM

書式 LTRIM(str [, trim_str])

文字列 str の左端から、文字列 trim_str のすべての文字を削除します。

  • 引数 str, trim_str には、文字列型の値を指定します。
  • 引数 trim_str の文字列に含まれるすべての文字を削除します。省略すると、str の左端からスペースを削除します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT LTRIM(' ABC ');
結果:ABC  (左端にスペース無し)
SELECT LTRIM('ABCAA', 'A');
結果:BCAA

# RTRIM

書式 RTRIM(str [, trim_str])

文字列strの右端から、文字列trim_strのすべての文字を削除します。

  • 引数 str, trim_str には、文字列型の値を指定します。
  • 引数 trim_str の文字列に含まれるすべての文字を削除します。省略すると、str の右端からスペースを削除します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT RTRIM(' ABC ');
結果: ABC  (右端にスペース無し)
SELECT RTRIM('ABCAA', 'A');
結果:ABC

# QUOTE

書式 QUOTE(x)

x の値をシングルクォートで囲んだ文字列を返します。

  • 引数 x には、文字列型、数値型、TIMESTAMP型、BLOB型の値を指定します。
    • 文字列型の場合は、文字列に含まれるシングルクォートは2つのシングルクォート''にエスケープします。
    • 数値型の場合は、そのままの数値が返ります。シングルクォートでは囲まれません。
    • TIMESTAMP型の場合は、時刻の文字列表記'YYYY-MM-DDThh:mm:ss.SSS(Z|±hh:mm)'(TIMESTAMP関数参照)に変換した文字列を返します。シングルクォートでは囲まれません。
    • BLOB型の場合は、X'BLOB型の値'の文字列を返します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT QUOTE(last_name) last_name, QUOTE(age) age FROM employees;
結果:
  last_name     age
  ------------+-------
  'Smith'       43
  'Jones'       59
  'Brown'       (NULL)
  'Taylor'      31
  (NULL)        29
  'Smith'       43
SELECT QUOTE(RANDOMBLOB(4));
結果:X'A45EA28D'
// カラムvalueの値は「Today's news」の文字列
SELECT value, QUOTE(value) FROM testcontainer;
結果:
   value            QUOTE(value)
  ---------------+-------------------
   Today's news     'Today''s news'

# UNICODE

書式 UNICODE(str)

文字列strの最初の文字のUNICODEコードポイントを返します。

  • 引数strには、文字列型の値を指定します。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT last_name, UNICODE(last_name) unicode FROM employees;
結果:
  last_name     unicode
  ------------+----------------------
  Smith         83
  Jones         74
  Brown         66
  Taylor        84
  (NULL)        (NULL)
  Smith         83

# CHAR

書式 CHAR(x1 [, x2, ... , xn])

Unicodeコードポイントの値xnの文字を連結した文字列を返します。

  • 引数xnには、Unicodeコードポイントの値を指定します。
  • 結果の型はSTRING型です。

例)

SELECT CHAR(83, 84, 85);
結果:STU

# PRINTF

書式 PRINTF(format [, x1, x2, ..., xn])

指定されたフォーマットformatに合わせて変換した文字列を返します。 標準Cライブラリのprintf関数と同等のフォーマットが使用できます。 それ以外のフォーマットとしては以下の2つがあります。

フォーマット 説明
%q 文字列中にシングルクォートがある場合、2つのシングルクォート''にエスケープします。
%Q 文字列中にシングルクォートがある場合、2つのシングルクォート''にエスケープします。
文字列の両端をシングルクォートで囲みます。

例)

SELECT enrollment_period, PRINTF('%.2f', enrollment_period) printf FROM employees;
結果:
  enrollment_period   printf
  ------------------+-----------
  15.5                15.50
  23.2                23.20
   7.0                 7.00
  (NULL)               0.00
   4.9                 4.90
  10.3                10.30

# TRANSLATE

書式 TRANSLATE(str, search_str, replacement_str)

文字列を置換します。文字列 str のうち、文字列 search_str と一致する文字が、search_str と同じ位置にある文字列 replacement_str の文字で置換されます。replacement_strsearch_str より短く、置換後の文字がない場合、置換対象の文字は削除されます。

  • 引数strsearch_strreplacement_str には、文字列型の値を指定します。
  • 値がNULLの場合は、NULLを返します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT TRANSLATE('abcde', 'ace', '123');
結果:1b2d3
SELECT TRANSLATE('abcdeca', 'ace', '123');
結果:1b2d321
SELECT TRANSLATE('abcde', 'ac', '123');
結果:1b2de
SELECT TRANSLATE('abcde', 'ace', '12');
結果:1b2d
SELECT TRANSLATE('abcde', 'AB', '123');
結果:abcde
SELECT TRANSLATE('abcde', 'abc', '');
結果:de

# 日時関数

# NOW

書式 NOW()

現在時刻の値を返します。

  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が返ります。
  • 結果の型はTIMESTAMP型です。

例)

SELECT NOW();
結果:2019-09-17T04:07:31.825Z
SELECT NOW();
結果:2019-09-17T13:09:20.918+09:00

# TIMESTAMP

書式 TIMESTAMP(timestamp_string [, timezone])

時刻の文字列表現timestamp_stringの値を、TIMESTAMP型に変換します。

  • 引数timestamp_stringには、時刻の文字列表現として、次の形式の文字列を指定します。

    • YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ
    • YYYY-MM-DDThh:mm:ss.SSSZ
    • YYYY-MM-DD
    • hh:mm:ss
    表記 内容 値の範囲
    YYYY 年(西暦) 1970~
    MM 1~12
    DD 1~31
    hh 時間(24時間表記) 0~23
    mm 0~59
    ss 0~59
    SSS ミリ秒 0~999
    Z タイムゾーン Z|±hh:mm|±hhmm
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。timestamp_string にタイムゾーン情報が含まれる場合は指定する必要はありません。指定して矛盾がある場合はエラーが返ります。

  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が返ります。

  • 結果の型はTIMESTAMP型です。

  • TIMESTAMP関数の逆変換(TIMESTAMP型から文字列型への変換)は、CASTを用いてください。

    • CAST(timestamp AS STRING)

例)

// カラムdate(TIMESTAMP型)の値が、時刻'2018-12-01T10:30:00Z'より新しいロウを検索します
SELECT * FROM timeseries WHERE date > TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:00Z');

# TIMESTAMP_ADD

書式 TIMESTAMP_ADD(time_unit, timestamp, duration [, timezone])

時刻timestampに、期間duration(単位time_unit)を加算した値を返します。

  • 引数timestampには、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 引数durationには、整数を指定します。負の数を指定した場合は、時刻を減算します。
  • 引数time_unitには、次のいずれかの識別子を指定します。
    • YEAR | MONTH | DAY | HOUR | MINUTE | SECOND | MILLISECOND
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。
  • 年もしくは月の加算によって算出された月に同一日が存在しない場合、日はその月の最終日に丸められます。例えば5月31日に1月加算すると、6月31日は存在しないため6月30日に丸められます。
  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が返ります。
  • 結果の型はTIMESTAMP型です。
  • 関数の別名としてTIMESTAMPADDも利用可能です。

例)

// 時刻'2018-12-01T11:22:33.444Z'に10日間を加算します
SELECT TIMESTAMP_ADD(DAY, TIMESTAMP('2018-12-01T11:22:33.444Z'), 10);
結果:2018-12-11T11:22:33.444Z
SELECT TIMESTAMP_ADD(MONTH, TIMESTAMP('2019-05-31T01:23:45.678Z'), 1);
結果:2019-06-30T01:23:45.678Z
SELECT TIMESTAMP_ADD(MONTH, TIMESTAMP('2019-05-31T01:23:45.678Z'), 1, '-02:00');
結果:2019-07-01T01:23:45.678Z

# TIMESTAMP_DIFF

書式 TIMESTAMP_DIFF(time_unit, timestamp1, timestamp2 [, timezone])

時刻timestamp1timestamp2の差分の時間(timestamp1-timestamp2)を、時間単位time_unitで表した値で返します。 差分を時間単位で表す際に、小数点以下は切り捨てます。

  • 引数timestamp1timestamp2には、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 引数time_unitには、次のいずれかの識別子を指定します。識別子で指定の単位のみの差分を計算するのではなく、識別子未満の単位も計算に利用されます。例えばMONTH指定で2019/09/30と2019/10/02を比較する場合、0ヶ月2日が差分となるため、出力は1ではなく0となります。
    • YEAR | MONTH | DAY | HOUR | MINUTE | SECOND | MILLISECOND
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。
  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が差分計算に利用されます。
  • 結果の型はLONG型です。
  • 関数の別名としてTIMESTAMPDIFFも利用可能です。

例)


// 時間単位:月
SELECT TIMESTAMP_DIFF(MONTH, TIMESTAMP('2018-12-11T10:30:15.555Z'), TIMESTAMP('2018-12-01T10:00:00.000Z'));
結果:0
// 時間単位:日
SELECT TIMESTAMP_DIFF(DAY,   TIMESTAMP('2018-12-11T10:30:15.555Z'), TIMESTAMP('2018-12-01T10:00:00.000Z'));
結果:10
SELECT TIMESTAMP_DIFF(DAY,   TIMESTAMP('2018-12-01T11:00:00.000Z'), TIMESTAMP('2018-12-11T10:30:15.555Z'));
結果:-9
// 時間単位:時間
SELECT TIMESTAMP_DIFF(HOUR,  TIMESTAMP('2018-12-11T10:30:15.555Z'), TIMESTAMP('2018-12-01T10:00:00.000Z'));
結果:240
// 時間単位:分
SELECT TIMESTAMP_DIFF(MINUTE, TIMESTAMP('2018-12-11T10:30:15.555Z'), TIMESTAMP('2018-12-01T10:00:00.000Z'));
結果:14430
// タイムゾーンによって結果が変わる例を示します。
SELECT TIMESTAMP_DIFF(MONTH, MAKE_TIMESTAMP(2019, 8, 1), MAKE_TIMESTAMP(2019, 6, 30), 'Z');
結果:2
SELECT TIMESTAMP_DIFF(MONTH, MAKE_TIMESTAMP(2019, 8, 1), MAKE_TIMESTAMP(2019, 6, 30), '-01:00');
結果:1

# TO_TIMESTAMP_MS

書式 TO_TIMESTAMP_MS(milliseconds)

時刻'1970-01-01T00:00:00.000Z'に、引数millisecondsの値をミリ秒として加算した時刻を返します。

この関数は、TO_EPOCH_MS関数の逆変換です。

  • 引数millisecondsには、整数を指定します。
  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が返ります。
  • 結果の型はTIMESTAMP型です。

例)

SELECT TO_TIMESTAMP_MS(1609459199999);
結果:2020-12-31T23:59:59.999Z

# TO_EPOCH_MS

書式 TO_EPOCH_MS(timestamp)

時刻'1970-01-01T00:00:00.000Z'から時刻timestampまでの経過時間(ミリ秒)を返します。

この関数は、TO_TIMESTAMP_MS関数の逆変換です。

  • 引数timestampには、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

SELECT TO_EPOCH_MS(TIMESTAMP('2020-12-31T23:59:59.999Z'));
結果:1609459199999
SELECT TO_EPOCH_MS(TIMESTAMP('2020-12-31T23:59:59.999+09:00'));
結果:1609426799999

# EXTRACT

書式 EXTRACT(time_field, timestamp [, timezone])

時刻timestampから、日時フィールドtime_fieldの値を取り出します。時刻はUTCの値になります。

  • 引数timestampには、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 引数time_fieldには、次の値のいずれかを指定します。
    • YEAR | MONTH | DAY | HOUR | MINUTE | SECOND | MILLISECOND | DAY_OF_WEEK | DAY_OF_YEAR
      • DAY_OF_WEEKは日曜が始点で0、土曜が終点で6となります。
      • DAY_OF_YEARは1月1日が始点で1、12月31日が終点で365または366となります。
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。
  • 接続時にタイムゾーンが指定されている場合、オフセット計算された値が返ります。引数timezoneと両方で指定されている場合は引数で指定したものが利用されます。
  • 結果の型はLONG型です。

例)

// 時刻'2018-12-01T10:30:02.392Z'の年、日、ミリ秒の値を求めます
// 年の値
SELECT EXTRACT(YEAR, TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:02.392Z'));
結果:2018
SELECT EXTRACT(DAY, TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:02.392Z'));
// 日の値
結果:1
// ミリ秒の値
SELECT EXTRACT(MILLISECOND, TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:02.392Z'));
結果:392
// タイムゾーンを考慮します。
SELECT EXTRACT(HOUR, TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:02.392Z'), '+09:00');
結果:19

# STRFTIME

書式 STRFTIME(format, timestamp [, modifier,...])

指定されたフォーマットに合わせて時刻を文字列に変換して返します。

  • 引数formatには、下記を指定して時刻情報を取り出します。
フォーマット 説明
%Y 年をYYYY形式で取り出します。
%m 月をMM形式で取り出します。
%d 日をDD形式で取り出します。
%H 時をhh形式で取り出します。
%M 分をmm形式で取り出します。
%S 秒をss形式で取り出します。
%3f ミリ秒をSSS形式で取り出します。
%z タイムゾーンを±hh:mm形式で取り出します。
%w 曜日をD形式(0~6)で取り出します。日曜日が起点で0、土曜日が終点で6となります。
%W その年の初めから何週目かをDD形式(00~53)で取り出します。最初の月曜日を1週目とし、それ以前の曜日は0週目とみなします。
%j 1月1日を起点とした日数をDDD形式(001~366)で取り出します。
%c 時刻をYYYY-MM-DDThh:mm:ss[.SSS](Z|±hh:mm|±hhmm)形式で取り出します。
%% %を文字として出力します。
  • 引数timestampには、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 引数modifierには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。
  • 結果の型はSTRING型です。

例)


SELECT STRFTIME('%c', TIMESTAMP('2019-06-19T14:15:01.123Z'));
結果:2019-06-19T14:15:01.123Z
SELECT STRFTIME('%H:%M:%S%z', TIMESTAMP('2019-06-19T14:15:01.123Z'), '+09:00');
結果:23:15:01+09:00
SELECT STRFTIME('%W', TIMESTAMP('2019-01-19T14:15:01.123Z'));
結果:02

# MAKE_TIMESTAMP

書式 MAKE_TIMESTAMP(year, month, day [, timezone])
MAKE_TIMESTAMP(year, month, day, hour, min, sec [, timezone])

TIMESTAMP型の値を生成して返します。

  • 引数hour, min, sec を指定しない場合は、全て0を指定したものとみなします。
  • 引数secには、ミリ秒単位の指定が可能です。ミリ秒未満は四捨五入した値に丸められますが、浮動小数点演算の仕組みに基づく誤差が生じる可能性があります。
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。
  • 結果の型はTIMESTAMP型です。

例)


SELECT MAKE_TIMESTAMP(2019, 9, 19);
結果:2019-09-19T00:00:00.000Z
SELECT MAKE_TIMESTAMP(2019, 9, 19, 10, 30, 15.123, '+09:00');
結果:2019-09-19T01:30:15.123Z

# TIMESTAMP_TRUNC

書式 TIMESTAMP_TRUNC(field, timestamp [, timezone])

時刻情報を切り捨てます。

  • 引数fieldには、次のいずれかの識別子を指定します。
    • YEAR | MONTH | DAY | HOUR | MINUTE | SECOND | MILLISECOND
  • 引数timestampには、TIMESTAMP型の値を指定します。
  • 引数timezoneには、タイムゾーン(Z|±hh:mm|±hhmm)を指定します。

例)


SELECT TIMESTAMP_TRUNC(HOUR, MAKE_TIMESTAMP(2019, 9, 19, 10, 30, 15.123));
結果:2019-09-19T10:00:00.000Z
SELECT TIMESTAMP_TRUNC(DAY, MAKE_TIMESTAMP(2019, 5, 15), '-01:00');
結果:2019-05-14T01:00:00.000Z

# WINDOW関数

# ROW_NUMBER

書式 ROW_NUMBER() OVER ( [PARTITION BY 式1 ] [ORDER BY 式2 ] )

結果のロウに対して、一意となる連番値を割り振ります。

  • OVER句と共に利用します。詳細はOVER句を参照ください。

例)

SELECT ROW_NUMBER() OVER(PARTITION BY department ORDER BY age) no, first_name, age, department FROM employees;
結果:
  no   first_name   age      department
  ----+------------+--------+-------------
  1    James        43       Development
  2    William      59       Development
  1    Mary         31       Research
  1    John         43       Sales
  2    Richard      (NULL)   Sales
  1    Lisa         29       (NULL)

# その他の関数

# COALESCE

書式 COALESCE(x1, x2 [,..., xn])

指定された引数xnの中で、NULLではない最初の引数の値を返します。

  • 引数xnには、同じ型の値を指定します。ただし、異なる型でも指定できる場合があります。型の組み合わせはCASEを参照してください。

  • 引数の値がすべてNULLの場合は、NULLを返します。

例)

SELECT last_name, COALESCE(last_name, 'XXX') coalesce FROM employees;
結果:
  last_name     coalesce
  ------------+----------------------
  Smith         Smith
  Jones         Jones
  Brown         Brown
  Taylor        Taylor
  (NULL)        XXX
  Smith         Smith
SELECT age, COALESCE(age, -1) coalesce FROM employees;
結果:
  age       coalesce
  --------+-----------
  43         43
  59         59
  (NULL)     -1
  31         31
  29         29
  43         43

# IFNULL

書式 IFNULL(x, y)

指定された引数xyのうち、NULLではない最初の引数の値を返します。IFNULL関数は、引数を2つ指定したCOALESCE関数と同等です。

  • 引数xyには、同じ型の値を指定します。ただし、異なる型でも指定できる場合があります。型の組み合わせはCASEを参照してください。
  • 引数の値がすべてNULLの場合は、NULLを返します。

例)

SELECT last_name, IFNULL(last_name, 'XXX') ifnull FROM employees;
結果:
  last_name     ifnull
  ------------+----------------------
  Smith         Smith
  Jones         Jones
  Brown         Brown
  Taylor        Taylor
  (NULL)        XXX
  Smith         Smith
SELECT age, IFNULL(age, -1) ifnull FROM employees;
結果:
  age       coalesce
  --------+-----------
  43         43
  59         59
  (NULL)     -1
  31         31
  29         29
  43         43

# NULLIF

書式 NULLIF(x, y)

指定された2つの引数が同じ値の場合はNULL、異なる場合は最初の引数を返します。

  • 引数xyには、同じ型の値を指定します。ただし、異なる型でも指定できる場合があります。型の組み合わせはCASEを参照してください。

例)

// value1とvalue2の値で、NULLIFを実行します
SELECT value1, value2, NULLIF(value1, value2) nullif FROM container_sample;
結果:
   value1   value2   nullif
  --------+--------+--------
      10       10    (NULL)
       5        0      5
   (NULL)       4    (NULL)
       3    (NULL)     3
   (NULL)   (NULL)   (NULL)
// value1/value2の計算で、ゼロ除算エラーを防ぐために0をNULLに変換します
SELECT value1, value2, value1/NULLIF(value2, 0) division FROM container_sample;
結果:
   value1   value2   division
  --------+--------+--------
      10       10      1
       5        0    (NULL)
   (NULL)       4    (NULL)
       3    (NULL)   (NULL)
   (NULL)   (NULL)   (NULL)

# RANDOMBLOB

書式 RANDOMBLOB(size)

BLOB型の値(乱数)を返します。

  • 引数sizeは、BLOB型の値のサイズ(バイト数)を整数で指定します。
  • 結果の型はBLOB型です。

例)

// 10バイトのBLOB型の値(乱数)を生成します
SELECT HEX(RANDOMBLOB(10));
結果:7C8C893C8087F07883AF

# ZEROBLOB

書式 ZEROBLOB(size)

BLOB型の値(0x00)を返します。

  • 引数sizeは、BLOB型の値のサイズ(バイト数)を整数で指定します。
  • 結果の型はBLOB型です。

例)

// 10バイトのBLOB型の値(0x00)を生成します
SELECT HEX(ZEROBLOB(10));
結果:00000000000000000000

# HEX

書式 HEX(x)

BLOB型の値を16進表記に変換します。 引数xをBLOB型の値として解釈して、16進数に変換した文字列(大文字)を返します。

  • 引数xには、BLOB型、文字列型を指定します。
    • 文字列型の場合は、すべての文字のUnicodeコードポイントを16進数に変換した文字列を返します。
  • 結果の型は文字列型です。

例)

SELECT HEX(RANDOMBLOB(2));
結果:E18D
SELECT first_name, HEX(first_name) hex FROM employees;
結果:
  first_name    hex
  ------------+----------------------
  John          4A6F686E
  William       57696C6C69616D
  Richard       52696368617264
  Mary          4D617279
  Lisa          4C697361
  James         4A616D6573

# TYPEOF

書式 TYPEOF(x)

x の値のデータ型を表す文字列を返します。

  • データ型と、TYPEOF関数が返す文字列の対応を以下に示します。

    データ型 TYPEOF関数が返す文字列
    BOOL型 BOOL
    STRING型 STRING
    BYTE型 BYTE
    SHORT型 SHORT
    INTEGER型 INTEGER
    LONG型 LONG
    FLOAT型 FLOAT
    DOUBLE型 DOUBLE
    TIMESTAMP型 TIMESTAMP
    GEOMETRY型 NULL
    BLOB型 BLOB
    配列型 NULL
  • 結果の型は文字列型です。

  • NULL値を指定した場合は、'NULL'が返ります。

例)

SELECT TYPEOF(ABS(-10)) abs, TYPEOF(RANDOMBLOB(10)) randomblob,
    TYPEOF(TIMESTAMP('2018-12-01T10:30:02.392Z')) timestamp;
結果:
   abs    randomblob   timestamp
  ------+------------+-----------
   LONG   BLOB         TIMESTAMP

# その他構文

# CAST

書式 CAST(x AS data_type)

xを、データ型data_typeに変換します。

  • 引数data_typeには、変換後のデータ型に応じて以下の値を指定します。

    変換後のデータ型 data_type に指定する値
    BOOL型 BOOL
    STRING型 STRING
    BYTE型 BYTE
    SHORT型 SHORT
    INTEGER型 INTEGER
    LONG型 LONG
    FLOAT型 FLOAT
    DOUBLE型 DOUBLE
    TIMESTAMP型 TIMESTAMP
    BLOB型 BLOB

# 文字列型への変換

書式 CAST(x AS STRING)

引数xを、文字列型に変換します。

x に指定できる値のデータ型と、変換後の値は以下の通りです。

x のデータ型 文字列型に変換した値
BOOL型 trueの場合'true'、falseの場合'false'
STRING型 元のままの値
BYTE型
SHORT型
INTEGER型
LONG型
FLOAT型
DOUBLE型
数値を文字列に変換した値
TIMESTAMP型 時刻の文字列表記'YYYY-MM-DDThh:mm:ss.SSS(Z|±hh:mm)'
接続時のタイムゾーン設定が利用される
BLOB型 HEX関数と同等の文字列

# 数値型への変換

書式 CAST(x AS BYTE|SHORT|INTEGER|LONG|FLOAT|DOUBLE)

引数xを、数値型に変換します。

x に指定できる値のデータ型と、変換後の値は以下の通りです。

xのデータ型 数値型に変換した値
BOOL型 trueの場合1、falseの場合0
STRING型 文字列の数字を数値に変換した値
BYTE型
SHORT型
INTEGER型
LONG型
FLOAT型
DOUBLE型
数値を変換した値
  • 変換後の数値が、data_type に指定した数値型の値の範囲を超える場合は、エラーになります。
// BYTE型の範囲(-128~127)を超える場合はエラー
SELECT CAST(128 AS BYTE);
結果:エラー
// INTEGER型の範囲(-2147483648 ~ 2147483647)を超える場合はエラー
SELECT CAST('2147483648' AS INTEGER);
結果:エラー
  • 浮動小数点数型(FLOAT型、DOUBLE型)から整数型(BYTE型、SHORT型、INTEGER型、LONG型)への変換では、値が桁落ちする場合があります。
SELECT CAST(10.5 AS INTEGER);
結果:10
  • 文字列型から数値型への変換では、次の文字列が指定できます(大小同一視)。これら以外の文字列が指定されている場合はエラーになります。
    • 数字と記号(".","-","+")と"E"のいずれかを含む文字列
    • "Inf" (符号付きも可)
    • "Infinity" (符号付きも可)
    • "NaN"
SELECT CAST('abc' AS INTEGER);
結果:エラー
SELECT CAST('-1.09E+10' AS DOUBLE);
結果:-1.09E10

# 時刻型への変換

書式 CAST(x AS TIMESTAMP)

引数xを、時刻型に変換します。接続時にタイムゾーンを指定している場合、その値がオフセット計算に利用されます。

x に指定できる値のデータ型と、変換後の値は以下の通りです。

xのデータ型 時刻型に変換した値
STRING型(時刻の文字列表記'YYYY-MM-DDThh:mm:ss.SSS(Z|±hh:mm)') TIMESTAMP関数で変換した値と同等
SELECT CAST('2018-12-01T10:30:00Z' AS TIMESTAMP);
結果:2018-12-01T10:30:00.000Z
SELECT CAST('2018-12-01T10:30:00+09:00' AS TIMESTAMP);
結果:2018-12-01T01:30:00.000Z

# BOOL型への変換

書式 CAST(x AS BOOL)

引数 x を、BOOL型に変換します。

x に指定できる値のデータ型と、変換後の値は以下の通りです。

x のデータ型 時刻型に変換した値
STRING型 'true'の場合true、'false'の場合false (大文字小文字の区別なし)
BYTE型
SHORT型
INTEGER型
LONG型
0の場合false、それ以外の場合true

# BLOB型への変換

書式 CAST(x AS BLOB)

引数xを、BLOB型に変換します。

x に指定できる値のデータ型と、変換後の値は以下の通りです。

xのデータ型 BLOB型に変換した値
STRING型 文字列を16進表記のデータとしてBLOB型に変換した値

# CASE

書式 CASE
WHEN condition1 THEN result1
[WHEN condition2 THEN result2]
...
[ELSE resultElse]
END

条件式conditionNがtrueの場合は、対応するresultNの値を返します。 すべての条件式がfalseまたはNULLの場合は、ELSEが指定されていればresultElseの値を返します。ELSEが指定されていない場合は、NULLを返します。

書式 CASE x
WHEN value1 THEN result1
[WHEN value2 THEN result2]
...
[ELSE resultElse]
END

x の値がvalueNの場合は、対応するresultNの値を返します。 すべての値に当てはまらない場合は、ELSEが指定されていればresultElseの値を返します。ELSEが指定されていない場合は、NULLを返します。

resultN には同じ型の値を指定します。ただし、異なる型でも指定できる場合があります。

  • 引数が異なる型同士の場合は、以下の型の組合せのみ演算できます。これ以外の組合せの場合はエラーになります。

    引数の型 引数の型 2つの引数を演算する際の型
    SHORT BYTE LONG
    INTEGER BYTE, SHORT LONG
    LONG BYTE, SHORT, INTEGER LONG
    FLOAT BYTE, SHORT, INTEGER, LONG DOUBLE
    DOUBLE BYTE, SHORT, INTEGER, LONG, FLOAT DOUBLE

例)

// 従業員の年代(30代、40代、50代、それ以外)を表示する
SELECT id, first_name, age,
  CASE
    WHEN age > 50 THEN '50s'
    WHEN age > 40 THEN '40s'
    WHEN age > 30 THEN '30s'
    ELSE 'other'
  END AS period
FROM employees;
結果:
 id   first_name   age     period
 ----+------------+-------+--------
 0    John          43      40s
 1    William       59      50s
 2    Richard      (NULL)   other
 3    Mary          31      30s
 4    Lisa          29      other
 5    James         43      40s
// 部署に応じて所在地を表示する
SELECT id, first_name, department,
  CASE department
    WHEN 'Sales' THEN 'Tokyo'
    WHEN 'Development' THEN 'Osaka'
    ELSE 'Nagoya'
  END AS location
FROM employees;
結果:
 id   first_name   department    location
 ----+------------+-------------+---------
 0    John         Sales         Tokyo
 1    William      Development   Osaka
 2    Richard      Sales         Tokyo
 3    Mary         Research      Nagoya
 4    Lisa         (NULL)        Nagoya
 5    James        Development   Osaka

# サブクエリ

サブクエリはFROM句やWHERE句だけでなく、SQL文の様々な部分で指定できます。 また、サブクエリに対するいくつかの演算種別も提供しています。それらについて 説明します。

# IN

サブクエリの実行結果の中に、指定した値が含まれるかどうかを返します。

# 構文

|-----------------------------------| | 式1 [NOT] IN ( sub_query ) |

# 仕様

  • 式1 の値が、サブクエリの結果に含まれる場合はtrueを返します。
  • サブクエリは1列のみを返すものでなければなりません。

例)

// departmentsテーブルのid=1の部署に所属する従業員の情報をemployeesテーブルから表示します
SELECT * FROM employees
WHERE department IN(
  SELECT department FROM departments
  WHERE id = 1
);
結果:
  id   first_name   last_name   age     department    enrollment_period
  ----+------------+-----------+-------+-------------+-------------------
   1   William      Jones       59      Development   23.2
   5   James        Smith       43      Development   10.3

# EXISTS

サブクエリの実行結果が存在するかどうかを返します。

# 構文

[NOT] EXISTS( sub_query )

# 仕様

  • サブクエリの実行結果が存在するかどうかを確認します。実行結果が1件以上の場合はtrue、0件の場合はfalseを返します。

  • 結果の型はBOOL型です。

例)

// departmentsテーブルのid=1の部署に所属する従業員の情報をemployeesテーブルから表示します
SELECT * FROM employees
WHERE EXISTS(
   SELECT * FROM departments
   WHERE employees.department=departments.department AND departments.id=1
);
結果:
  id   first_name   last_name   age     department    enrollment_period
  ----+------------+-----------+-------+-------------+-------------------
   1   William      Jones       59      Development   23.2
   5   James        Smith       43      Development   10.3

# スカラサブクエリ

ひとつの結果を返すサブクエリです。SELECT文の結果や、式などに使用できます。

例)

SELECT id, first_name,
       (SELECT department FROM departments WHERE department_id=employees.department_id)
FROM employees;
結果:
  id  first_name  department
  ---+-----------+-------------
   0  John        Sales
   1  William     Development
   2  Richard     Sales
   3  Mary        (NULL)
   4  Lisa        Marketing
   5  James       Development

# プレースホルダ

プリペアードステートメントではSQL文にプレースホルダを記述できます。 プレースホルダはステートメント実行時に代入するパラメータの位置を示します。 パラメータの番号は1から始まります。

プレースホルダは他のデータベースとの互換性のため、幾つかの形式が使用できます。 ただし、いずれの形式で指定しても、パラメータの番号は既に割当てられている パラメータ番号+1となります。

形式 説明 記述例
? 標準のプレースホルダの形式 ?
?NNN NNNは数字を表す ?56
:AAAA AAAAは文字列を表す :name
@AAAA AAAAは文字列を表す @name

なお、$から始まるプレースホルダは記述できません。

例)

String sql = "SELECT * FROM users WHERE id > ? AND id != :exclude_id;";
PreparedStatement pstmt = con.prepareStatement(sql);
pstmt.setInt(1, 100);  // 1: ?
pstmt.setInt(2, 253);  // 2: :exclude_id
ResultSet rs = pstmt.executeQuery();

# コメント

SQL文中にコメントを書くことができます。 書式は、--(ハイフンを2つ)の後ろに記述するか、/* */で囲みます。 コメントの後ろには改行が必要です。

SELECT * -- comment
FROM employees;
SELECT *
/*
  comment
*/
FROM employees;

# ヒント機能

GridDBでは、実行計画を示すヒントをクエリに指定することで、SQL文を変えることなく実行計画を制御できます。

# エラーの扱い

以下の場合は構文エラーとなります。

  • ヒント用のブロックコメントを複数記述した場合
  • ヒントを記述できない位置にヒントを記述した場合
  • ヒント句の記述に構文上の誤りがあった場合
  • 同じテーブルに対して同じ分類のヒント句を重複して指定した場合

以下の場合はテーブル指定エラーとなります。

  • ヒント句対象のテーブル指定に誤りがあった場合

# メモ

  • テーブル指定エラーが起こった場合、対象のヒント句を無視し、それ以外のヒント句を使ってクエリを実行します。
  • 構文エラーとテーブル指定エラーが同時に起こった場合は構文エラーとなります。